バツイチでも気にしない | デートクラブで働きながら出会いを楽しもう!

バツイチでも気にしない

「バツイチでも気にしない」のイメージ

バツイチというのは、次の恋愛において臆病にさせてしまう要因にもなりますが、じつは気にしているのは自分だけかもしれません。男性とのお付き合いにおいてバツイチである過去とどのように向き合って行けばいいのかというと、なにより大切なのは負い目としないことです。

新しい男性とのお付き合いでは、バツイチという過去を隠さないというのが大切です。男性の中には拍子抜けしてしまうくらい気にしない人が多くいらっしゃいます。むしろ、結婚するぞ!という段階まで黙っていて、じつはねと言われる方が嫌な気分になるということもあります。素直に過去を打ち明けるというのは、とても大切なことなのです。
また、その際にはそんな失敗談について反省をしているということを伝えるようにしましょう。「旦那が悪い」となると、男性にすれば自分の非もあったんじゃないの?そこには目を向けないの?と不信へと繋がっていきます。ともなれば、うまくやっていけるかなとマイナスにも働いてしまうかもしれません。どんなに原因が前の旦那さんにあったとしても、その中からも自分の非というのを考えられる女性というほうが、前向きさや優しさ、まじめさというのを感じられますよね。
バツイチというのは、マイナスなだけでもありません。失敗した経験から次は慎重にできる、という面を押し出すなどポジティブに相手に受け取って貰えるようなアピールに繋げて行ければ逆に好印象にもなります。
外見にもこだわってみましょう。もうどうせ私なんて…と思っていると髪もボサボサで服装も乱れてて、それだけでせっかくのチャンスを失ってしまいますよ。金銭面の管理も大事です。一人になって金銭的にも大変な部分はあると思います。子どもがいればなおさらでしょう。それでもしっかりやりくりができていると、しっかりした女性だなと男性へアピールもできるというもの。大事なのは心持なのです。